秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
新入生のモデルロケット打ち上げました。
次点の二井です。

本日は月曜から新入生に作ってもらっていた
モデルロケットの打ち上げを行いました。
DSC_4010.jpg

まずはグランドにてエンジンの取り付け。
説明はお馴染み関さんです。
今回機体を作った新入生は17人
大勢に教えるのは大変ですがさすが関さん
てきぱきと進めていきます。
DSC_4049.jpg

準備ができ、いざ打ち上げ。
パシュ!と音がして頭上高くに
自分の作ったロケットが飛んでいく、
歓声もあがります。
でもハイブリッドロケットはこんなもんじゃ無いんだよ?
DSC_4036.jpg

天気も良く風も強くなくて絶好の日和でした。
ロケットも順調に打ち上がっていきます。
しかしみんな・・・もっとカラフルにしないと見えないよ・・・

DSC_4084.jpg

打ち上げが終わったら今度は皆で会議です。
さらに大きいモデルロケットを作ろうと
2班に分かれてそれぞれ頭をひねります。
新入生達は自分のモデルロケットを打ち上げてみて
どのように感じてくれたのでしょうか。

DSC_4062.jpg

これからは仲間として一緒に宇宙を目指しましょう!
別窓 | 色々 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<今後の予定など | パイオニア | 学生代表選>>
この記事のコメント
宇宙への一歩はこの火薬で飛ぶ模型ロケットからスタートです.東大の糸川教授と学生達も長さ23センチのペンシルロケットから始まり15年後におおすみ人工衛星打ち上げ成功を成し遂げました。ロケット技術はエアーバック、シートベルト、パソコン、ソーラーパネル、デジカメ、携帯電話と民生品を生み出し快適、便利、安全な生活を支えています
2008-04-23 Wed 17:42 | URL | 宇宙旅行希望者 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。