秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
19号機と20号機の打上結果など.
後輩がブログを更新してくれないのでまた僕です.安心と信頼のたけうちです.

さて,10月28日に秋田県能代市の能代宇宙広場で行われたハイブリッドロケット打上実験ですが,無事に遂行することができました.

打ち上げたのは19号機と20号機の2機.

※ここで変更点のお知らせ.
前回の記事では,自作モータのロケットを19号機,1年生製作のロケットを20号機としていましたが,
打上の順番とか自作モータ機が20号機のほうがいいじゃん説により,
自作モータのロケットを20号機,1年生製作のロケットを19号機としました.ややこしいね.


前日とは雰囲気が変わってどんよりとした天気の中作業は行なわれました.

最初に打ち上げたのは1年生製作の19号機.

121028_1


カラーリングデザインも1年生が考案.パーツごとに一人ひとりが好きな色を塗ったようです.
かねてから鉛筆みたいなロケットでしたが,ノーズはもう鉛筆にしか見えないね.

121028_2


スムーズに準備は進み,いよいよ打ち上げへ.

3.2.1...点火!

121028_3

121028_4

121028_5


結束バンドが耐えてしまったためか,少し居座りましたが無事ランチクリア!
と,そのとき.

121028_6


あらぶるロケット.

どうやら上昇中に分離してしまった模様.
しかし,パラシュートは開傘したので機体は無事に着地.

121028_7


悔しい結果になってしまいました.次に期待しましょう.


突風でテント破壊.イベントあるごとにテントぶっ壊してます.

121028_8


この日は,昼ごろから雨が降るような天気予報だったので,急いで20号機打上です.

ASSP初の自作モータによるロケットの打ち上げ・・・開発の世代が変わる瞬間ですね.

あせらず慎重に.

121028_9

121028_10

121028_11
ランチステムの挿入はとても重要な場面.目を閉じ,感覚だけを頼りに.

大きな問題もなく準備は進み,打ち上げへ.

雨がぽつぽつと降る中,3.2.1...点火!

121028_12

121028_13

121028_14


音が違う.HyperTEKのブリブリ感がなく,ドシューって感じです.

121028_15


パラシュートも無事開き,ひとまず大成功です!


こうしてASSPのハイブリッドロケット開発は次世代へと移り変わりました.

とたんに雨音が強くなり,急いで撤収作業.相変わらず撤収に定評のあるASSP,すさまじい速度で撤収完了ですよ.



打ち上げの様子はNHKの秋田版にて放送されました.NHKのWEB上でもニュース動画がありましたが,もう消えちゃってましたね.早いんだね消えるの.

また,以下に取り上げられた記事があります.
時事ドットコム - 新燃料でロケット発射実験=愛知の企業と共同開発-秋田大
秋田魁新報 - 自作ロケット打ち上げ実験成功  秋大生、低融点燃料を使用
北羽新報 - ハイブリッドロケットの打ち上げ成功


さて,次の打ち上げは・・・3月かな?1年生ロケットのリベンジです.あとパワーアップさせた自作モータ機も?

寒さに負けずがんばりましょうー.

ではではでは.


追伸:先日公式に決定した機体の型名,ASSP19-3HRI-01e(ASSPで通算19機目で第3世代のハイブリッドロケットのI型でこの世代では1号機目であり最後のeは前回つけ忘れていましたがExperimentalつまり実験機という意味ですが先ほど述べたように19号機と20号機を入れ替えたので更に変更してASSP20-3HRI-01eになります.名付け親は4年生の川端洋くんです.)ですが,先生がわかりくくね?みたいなこと言ってたので,ただいま協議中です.

僕の案いいと思うんスけどね,ASSP-XR20Iみたいな.(ASSPのeXperimental Rocketの20号機I型使うよみたいな.AXR20Iでもおk.)


はい.ではまた.
別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新代表挨拶 | パイオニア | 19号機と20号機の打ち上げが明日あるんですよ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。