秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
モデラー
いつの間にか1000HITしていました。二井です。

前回、ねじ切りをお伝えしましたが、その裏で機体班の櫻井君は
関先輩にモデラーの使い方を教えてもらっていました。

モデラー、三次元加工機はCADで作ったデータをもとに
材料を立体的に加工する機械です。
主に、発泡剤、ケミカルウッド、軽金属を加工することができ、
モデルロケットのノーズコーン、エンジンマウント、開放機構等
を作っています。

DSC_9304.jpg

まず発泡剤の大きさを測り、パソコンに入力し、CADで作ったデータ、ドリルの始点の位置なども入力します。
DSC_9308.jpg

ドリルの回転開始位置の調整です。
同時にモデラーの基本的な操作説明も行っていました。
DSC_9316.jpg

いざ掘削開始です。今回は立方体を作っています。
これを削るだけで30分ほどかかっています。
DSC_9321.jpg

完成です。お疲れ様でした。

では櫻井君感想をどうぞ
「まだ慣れていないので、失敗することもあるけど、
これからがんばろうと思いました。
あと、大変で疲れました。」

ありがとうございました。

別窓 | 活動 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<機械講習パート2 | パイオニア | ねじ切り>>
この記事のコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-07-28 Thu 15:19 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。