秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
モデルロケットの実験を行ないました。
こんばんは。竹内です。

今日の秋田市は天気良すぎです。まじぱねぇ。

本日の午前に、秋田大学野球場にて、モデルロケットを用いた実験を行ないました。

どんな実験かといいますと。

12月に打ち上げるハイブリッドロケット11号機の、圧力中心位置と重心位置の関係による姿勢の変化をみる実験です。
実験には、重心位置を少しずつずらした11号機の縮尺モデルを作り、モデルロケットのA3-4Tエンジンを使用しました。
11号機 実験機

安定比(sm)をそれぞれ、
0.0 0.5 1.0 1.2 1.4 1.6 1.8 2.0 2.2 2.4
と設定しました。


さて、実験開始。

和田先生の見守る中、sm0.0の機体を打ち上げることに。

sm0.0というのは、圧力中心と重心が重なっている状態であり、俗にいう"不安定"なロケットになります。

では発射ー

11号機 実験機 打ち上げ

・・・ものの見事にきれいに打ち上がってしまいました。

というのも、ホント今日は天気が良くて無風状態だったので、外部からの影響がほぼ無い条件下だったんです。

このような恵まれてるようで恵まれてない環境の中、実験は進みました。


簡易的な結果。

sm2.4で打ち上げたところ、機体は大きくピッチ振動を起こした。
sm1.6で打ち上げたところ、振動は小さくなった。
sm1.4で打ち上げたところ、振動はほぼなくなり、きれいに打ち上がった。

このような結果から、11号機の安定比は1.4までを目指すことになりました。

今回の実験が役に立ってよかったです。。。
夜なべをした甲斐がありましたよー。

というわけで、今日はこんなもんです。

別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<燃焼実験装置完成&ロードセル校正 | パイオニア | 燃焼実験装置完成間近!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。