秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
関さん卒論手伝い

 こんばんわ。秋田の寒さに愕然としている川端です。
まだ九月なのに秋田はすでに寒いです。こ・これが東北Σ(゚Д゚)

 しかし寒いからといってASSPが止まることはありません。
今日は関さんの卒論の手伝いをしました。能代宇宙イベントで一度燃焼実験をしたのですが、そこで発生した問題を検証するための実験です。関さん、基さんに指示されたことをテキパキとこなしつつ、装置の仕組みを聞いて勉強してました。
さすがASSPが誇る最高学年コンビです。レベルが高いです。自作エンジン製作に参考になる技術・知識がいっぱいで、とてもためになりました。

↓関さんの燃焼実験装置
燃焼実験装置

 僕のほうでは現在、関さんに手伝ってもらいながら横向き燃焼実験装置の製作に取り掛かっています。図面はあるていど完成して、これからは計算の嵐です(´;ω;`)
自作エンジン完成のためにがんばります( `Д´)/<

ではまた次の機会に。

↓横向き燃焼実験装置完成予想図
横向きテストスタンド








別窓 | 活動 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<旋盤でネジきり | パイオニア | CADできず・・・>>
この記事のコメント
[]
なんでよこにするの?

2009-09-18 Fri 12:50 | URL | UEまえだ #-[ 内容変更]
 コメントありがとうございます。
 お答えすると、僕たちの今までの燃焼実験装置は縦向きだったのですが、推力測定器に対してエンジンを垂直に固定することが難しく、データーの信憑性が低くなってしまうことが一番の理由です。
 また、縦向きですと装置全体が大きくなり、安全面での問題が多く、測定器の取り付けに手間がかかるのなど問題がありました。

 横向きの利点としては、エンジンと測定器を正確に一直線上に置けることと、装置が小さくなり加工精度が上がることがあります。また、最大の利点として、運用が簡単になることで、実験を頻繁に行え、データの信用性があがると僕たちは考えています。

そこで今回から横向きで測定することにしました。



 簡単な説明で申し訳ありません。また疑問な点・アドバイスなどありましたらいつでもコメントをいただけると嬉しいです(^_^)
2009-09-18 Fri 15:49 | URL | ASSP川端 #0ACivVWA[ 内容変更]
[]
なるほどねー わかりました。
勉強になります。
がんばってください。



2009-09-18 Fri 16:05 | URL | UEまえだ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。