秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
能代宇宙イベントハイブリッドロケット打上実験報告
 はじめまして。ASSP1年、燃焼班所属の川端です。
 初めてのブログ更新ということで緊張しております読みづらいとこも多々あると思いますがどうか許してください。
 まず僕自身の能代宇宙イベントの感想というと・・・やっぱり楽しかったです。初参加ということもありイベント1週間前ぐらいからの忙しさには目が回りましたが、他大学のロケットやASSPのロケット打上を初めて見て(ASSPは失敗しましたが)疲れがとれるくらい興奮しました。僕も皆さんに負けないように頑張ります。
 
↓ASSP10号機
10号機

↓射点の様子、見にくくてすいません。
射点

 ここからはまじめに打上の報告です。
 今回ASSPは10号機の打上で、アビオニクス(電子機器類)による飛行中のロケットの加速度と姿勢の解析を目的としていましたが、エンジンのノズルが破損したことによりロケットが異常飛行しデータの回収・解析を行うことはできませんでした。現在はノズルが破損した原因を調べています。詳細なことはわかり次第ブログに更新していきたいと思いますので、興味のある方は時々覗いていただけると光栄です。
 通常燃焼したエンジンと今回使用し、ノズルが破損したエンジンをカットした画像をアップしておきます。ではまた次の機会に。

↓通常燃焼したエンジン
通常燃焼


↓ノズルが破損したエンジン、上のエンジンに比べてノズルの片側が破損しているのがわかります
エンジンカット画像

別窓 | 能代宇宙イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ARLISS準備+H-ⅡB打ち上げ成功 | パイオニア | 能代3日前!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。