秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
モデルロケット製作3
こんにちは二井です。

さて本日は塗装です。せっかくなんで1年生全員で決めることに
なったのですが、佐藤君と私で意見が対立しました。
佐藤君は烏を模して真っ黒な機体がいいと言い、
私は黒はいやだ、もっと秋田らしいものを描こうと言い張りました。
関さんが呆れるほどの押し問答を繰り広げた後、黒は先代の
KANTOと被るということになり私の案になりました。
と、いうわけで塗装です。
機体の筒は茶色なのでそのまま色を付けても綺麗になりません。
そこでコピー紙を一度巻き、その上に色を塗ることにしました。
初めは接着剤で貼ろうと考えたのですが、涼が増えると
機体の重量が増えてしまうため紙の接続点のみ両面テープで
春ことにしました。
ここで苦労したのがフィンの周りです。他はぐるっと巻けるのですが、
フィンがあるためそれができません。そこで紙にフィンの長さ分だけ
切れ込みを入れることでフィンを避けて貼りました。

ベースの色は緑となり、屋外でカラースプレーで吹き付けました。
この時はたはたを描くところは少し白く残そうと言っていたのに
塗りすぎたのでもう一度白色を噴きつけようと白いキャップの
スプレーを持って行き機体にかけたのです。
が出ました…。
慌てて再度緑を塗り結局緑が濃くなってしまうだけでした。

カラースプレーが乾いたら絵の具で塗装です。
機体の上のほうではたはたを、フィンのまわりにきりたんぽを描きました。
ところで、はたはたって何色なんでしょう?
とりあえずオレンジ色にしてみました。
この時に機体の名前も決定、その名もはたはた号 です。
フィンの周りにきりたんぽを描いてさらにノーズコーンにも塗装して
ついに完成です!突っ込みどころ満載ですがそこは流しましょう。
DSC_9127.jpg


ある先輩にこんなのはたはたじゃない!って言われました。
さあ、明日はランチラグの取り付けです。
別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<モデルロケット製作4&機械講習 | パイオニア | モデルロケット製作2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。