秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
ロケットガール/ボーイ養成講座 3期
先日10月12日に第3回ロケットガール/ボーイ養成講座の打ち上げが行われました。

ロケガメンバーは当日の7時半に秋田大学に集合し、打ち上げ場所である
能代浅内第二鉱犀堆積場に向かいました。
9時頃に打ち上げ場所に着いた各チームはロケットの組み立て作業
に入りました。
DSC_7129.jpg

SANY1186.jpg
こちらはエンジンを機体に取り付けるロケガ秋田チームの様子です。
各チームの打ち上げ予定時刻は
東京チーム   11:00
秋田チーム   13:00
和歌山チーム  15:00
でしたが、東京チームの機体に不具合が生じたのと
和歌山チームの機体準備はすぐできたことから打ち上げ順が変更となり
和歌山チーム、秋田チーム、東京チームの順で打ち上げることになりました。
11時過ぎに和歌山チームの機体は射点に搬入され打ち上げを待ちます。
DSCN5861.jpg
今回の和歌山チームの機体カラーは
ノーズコーンが黒、ボディーはオレンジ、フィンは白といったものでした。
そして11時20分、3期ロケガ最初の打ち上げが行われました。
DSC_7075.jpgDSC_7076.jpg
機体は順調に飛翔しましたが分離機構が動作せず。
回収に失敗、機体も破損してしまいました。

2機目は秋田チームが、桐生高校のカンサットを搭載して打ち上げに臨みました。
不測の事態でカンサットのバッテリーが切れてしまったため、
充電のため打ち上げ時間が若干遅れましたがそれ以外の準備は順調に進められました。
DSC_7159.jpg
13時には機体が搬入され、ランチステムの取り付け、各種チェックが
滞りなく進められました。
DSC_7165.jpg
機体の最終チェックを終え、射点を離れます。

名称未設定 1のコピー
13時30分、ロケットガール秋田チームの機体は能代の空へ飛び立ちました。
DSC_7201.jpg
ぐんぐん飛翔していき
DSC_7209.jpg
分離、パラシュートの散開に成功しました。
カンサットも無事放出されています。
中心の赤と白のパラシュートがロケット、
その右に小さく白く見えるのがカンサットです。
機体はほぼ無傷という好条件で回収されました。
DSC_7213.jpg


最後は分離機構の不具合に悩んでいた東京チームの打ち上げです。
SANY1224.jpg
黒地に白でTokyoTeam2008と書かれた機体です。
東京チームの機体は5月にISTSで打ち上げた5号機を元に作られており
カンサットを積むため、分離機構の部分のみ構造が変えられていました。
DSC_7306.jpg
そして迎えた16時15分、ロケガ東京チームの機体は遂に打ち上げられました。
DSC_7318.jpg
ロケットは空高く飛翔してゆきます。
やがて弧をえがいて下降に入ります。
打ち上げを見守る皆が開け、開けと念じる中
DSC_7319.jpg
その願いは届かず、機体は地面へ向かってしまいました。
機体は破損し、カンサットは空を舞うことができませんでした。

こうして第3期ロケットガール/ボーイ養成講座の打ち上げは全て終了しました。
高校生達はロケットの製作を通して何を思い、何を学んだのでしょうか。
願わくば、ものづくりに興味を持って、楽しさを実感できたらと思います。

別窓 | 登場人物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<更新停滞中 | パイオニア | 6号機打ち上げ動画>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。