秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
ロケット製作状況
単位が気になって仕方ないです、二井です。

11日に打ち上げ予定の機体ですが、ただ今製作真っ只中です。
先日の土日に工事のため学内がまさかの停電。
作業時間がごっそり削られたためリカバリ中です。
DSCN5624.jpg
能代を乗り越えた1年生はもはや欠かせない戦力です。
さあ働けー
DSCN5622.jpg


今回の打ち上げ目的は
高高度に向けての機体の改良です。
燃料の増加や2段階分離などを試みます。
また、今までヒートプレスで作っていたノーズコーンを
今回からFRPで製作し始めました。
DSCN5662.jpg
old←        →new
千葉君による汗と涙の結晶です。
ずいぶん苦労したみたいです。
DSCN5661.jpg
櫻井君もこれなら文句なしとのこと。

ペイロードでは先生に協力していただき
新しい分離回路の製作中です。
DSCN5666.jpg


11日に能代市の浅内第二鉱犀堆積場にて打ち上げ予定です。
今回は高高度試験ロケットを2機と能代の試射機を再度打ち上げます。
別窓 | 活動 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ロケガ活動状況 Ⅱ | パイオニア | ロケットガール養成講座 活動状況>>
この記事のコメント
[]
ノーズコーンが完成すれば分離機構という、最も難解な問題ですね、ピストンスプリングを固定してあるナイロン糸をニクロム線で焼ききって解放する方法、黒色火薬を電子タイマーや電子高度計で作動させる方法、モーター仕掛けでフタをあける方法など実験された人がいました。空気荷重に耐える構造など大変ですね頑張ってください、亜酸化窒素ガスを吸わないように成功を祈ります
2008-10-08 Wed 09:31 | URL | 中年ひまじん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。