秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
モデルロケット製作2
みなさんこんばんわ二井です。

さて、モデルロケット製作2日目、本日は機体そのものを作ります。
DSC_9059.jpg

モデルロケットは上下に機体が分離し、そこからパラシュート
が放出されゆっくりと降りてきて回収するといったものです。
そのためまずその分離する部分の製作です。
曲面の筒に真っ直ぐな線を引くためまず筒に薄いフィルムを巻き、
その端に沿って線を引きます。

DSC_9063.jpg

次に切断です。力を入れ過ぎると筒が潰れてしまいますし、
切り口も雑になってしまいます。カッターの刃をあて、筒を回転させ、
ゆっくりと切っていきます。

さて、切断した下側、エンジンが入るほうにエンジンを固定する
ための木を螺子で固定します。
DSC_9073.jpg

これが難しく螺子がぶれてしまい上手く入りません。
佐藤君も苦労していました。

DSC_9089.jpg

そしてこれも下側、フィンの固定です。
フィンがずれると機体自体も飛ぶときに曲がってしまうので
慎重に取り付けます。機体に差込穴を空け、フィンを挿したあと
ボンドで固定します。
フィンは三枚あるので正確に120°づつ取り付けます。
この間上側はどうするというかと機体より一回り小さい筒を作り
上側と下側の接続部とします。ぴったり填まるようにするのは
何度も微調整が必要でした。


DSC_9094.jpg

さあ、機体がほぼ出来上がりました。
ロケットに見えますね。
明日は塗装を行います。
別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<モデルロケット製作3 | パイオニア | モデルロケット製作1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。