秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
ハイブリッドロケット打ち上げ実験の報告
皆様お疲れ様です。今年度最後の更新になります。
機体班二年次(無事三年生になれそうで一安心しております)の畠山です。
今回の打ち上げ実験でエンジン切り離し機構「神無月」の設計製作を担当しており、本番で正常に動作してくれたので今までの苦労が報われた気がして一息ついております( ̄o ̄;)これからはエンジンが大きくなっても対応できるような機構に改良していく予定です。

さて今回のASSPブログ「パイオニア」はタイトルの通り、ハイブリッドロケット打ち上げ実験を行いましたのでそのご報告に参りました。


2016年3月24日にハイブリッドロケット二機(ハイブリッドロケット31号機(HTI-31ver.2)、ハイブリッドロケット33号機(HTI-33))の打ち上げを能代宇宙広場(旧浅内第三鉱さい堆積場)で行いました。様々な方のご理解やご協力を頂いたお陰で打ち上げ実験を無事に行うことができ、ASSP一同深く感謝しております。
実験は本来であれば23日に打ち上げを行う予定でしたが天候・風速による制限や航空調整、燃焼関係のトラブルにより予備日としていた24日に行いました。



打ち上げ目的と実験結果は以下の通りです。

・ハイブリッドロケット31号機(HTI-31ver.2)
  目的:エンジン切り離し機構の実証
      飛翔時の各種データ回収
  実験結果:打ち上げ…成功
         機体回収…成功
         エンジン切り離し機構の実証…成功
         各種データ回収…確認中
・ハイブリッドロケット33号機(HTI-33)
  目的:一年生教育
  実験結果:打ち上げ…成功
         機体回収…成功

データや打ち上げ、回収した機体の解析についてはこれから解析会議を開いて進めていきます。



それでは今回打ち上げ実験を行った二機の機体を簡単に紹介したいと思います。

~ハイブリッドロケット31号機~
     (HTI-31ver.2)
ブログ用
ブログDSC_1455
(写真は31号機を違う角度から撮影したものです)

31号機の特徴は3つあります。
 1つ目…新規機構であるエンジン切り離し機構「神無月」を一段目に搭載。
 2つ目…過去の実験により信頼性・実績のある分離機構「如月」を二段目に搭載。
 3つ目…フィンが一段目と二段目の二か所(計8枚)に設けられている。

今回31号機にエンジン切り離し機構を搭載した目的は、今後エンジンを二段階に搭載して高高度を目指す際に必要となる技術の実証のためです。


~ハイブリッドロケット33号機~
       (HTI-33)
DSC_1690.jpg

33号機には分離機構「弥生」が搭載されています。分離機構「弥生」は昨年3月に伊豆大島で打ち上げ実験を行った30号機に初めて搭載されたもので、今回の一年生教育ロケットに搭載する分離機構に採用されました。今回の打ち上げでは目視で分離動作、パラシュートの放出・開傘を確認することができました。


以上、機体の紹介でした(^▽^)



3月の打ち上げが終わったのでこれからのASSPの活動としては、31、33号機の解析も進めながら新入生の勧誘にも力を入れていきたいところであります。新入生でASSPに興味をもってくださっている方は、入学式でASSPの勧誘チラシを配布する予定なのでぜひ受け取ってご覧になってくださいm(_ _)mまたASSP公式Twitterやこのブログでも情報を発信・更新していこうと思っておりますので気になる方はぜひぜひチェックしてみてくださいo(≧ω≦)o

それでは今回はここらへんで失礼いたします。
最後までご覧くださりどうもありがとうございました。
新年度もASSPをどうぞよろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト
別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
近状報告
おはようございます.機体班の分離機構担当の畠山です.
打ち上げまであと6日になりました.
一週間切ってますね….だんだん打ち上げ前の雰囲気になって参りました(ノ_<)

そして今日は始めに今後の為に少し思ったことを書きます.
打ち上げを控えていて機体の製作・燃焼実験等で切羽詰まっていても,学生がロケットを製作して打ち上げるためには様々な方面の多大なご協力を頂いていることを決して忘れず,また疎かにしてはならないと改めて感じました.
(文が拙いことは御愛嬌で…)




~活動紹介~
昨日はガラス繊維と,FRPと硬化剤を混ぜた液体を交互に積層して31号機のノーズコーンを製作しました.


_20160317_040839.jpg
↑ガラス繊維


_20160317_041357.jpg
↑六尺旋盤に取り付けた鉄心にガラス繊維と液体を交互に積層していノーズコーンを製作しているところです.


また,3Dプリンタでノーズコーン先端部を製作しました.

DSC_1218.jpg
↑ノーズコーン先端部の製作風景

打ち上げ6日前ですが機体が完成していないですね…
なので今日の午前中にはノーズコーンを完成させます!



分離機構について。
HTI-31号機には一段目に分離機構「神無月」…動力源サーボモータ.ラックピニオン方式でばねを用いた分離機構
          二段目に分離機構「如月」…動力源サーボモータ.ワイヤーとばねを用いた分離機構
HTI-33号機には開放機構「葉月」…動力源サーボモータ.さすまた式の開放機構
です.




いまのところ打ち上げ日23日は予報が降水確率40%で微妙なのでASSPの晴れ男晴れ女には頑張ってもらいたいですね( ̄^ ̄)ゞ
それでは眠くて良い報告ができそうにないのでここらで失礼します(^∇^)ノ
別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2016/3/7燃焼実験動画
皆様こんばんは.
機体班の畠山です.

打ち上げまであと10日となりました.
色々とバタバタしております(苦笑)


さて,今回は先日2016年3月7日に実施したHyperTEK I型ハイブリッドロケットエンジン燃焼実験の動画をYouTubeに公開しましたのでそのご報告に参りました(^-^)/~
逆光?カメラの調整ミスにより見づらくなってしまいましたm(_ _)mスミマセン

~URL~
1回目: http://youtu.be/L9-cw3lqhtw
2回目: http://youtu.be/CzeYyp35ruM


以上取り急ぎご報告いたします.
よろしくお願いいたします.

別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
近状報告
皆様お久しぶりでございます.ASSP機体班の畠山です.
大変長らくお待たせいたしました.ASSPブログ「パイオニア」のお時間です.

さて今回はタイトルの通り,近状報告をさせて頂きます.
内容は四点あり,
 ①H27年度学生自主プロジェクト成果報告会
 ②追いコン
 ③燃焼実験
 ④HTI-31号機,HTI-33号機の打ち上げ
の順に報告させていただきます.


ではでは本題へ…


①H27年度学生自主プロジェクト成果報告会
  先週3月3日(木)にH27年度学生自主プロジェクトの成果報告会が行われました.ASSPは学生代表の上田くんが今年度の活動や成果等の報告をしました.大学院工学資源学研究科附属ものづくり創造工学センター長の神谷修教授からパラシュートの試験方法についての助言を頂いたことから,次の打ち上げに備えて試験方法を検討していきたいと思っております.

_20160309_202339.jpg
  ↑発表時の様子

_20160309_203900.jpg
  ↑展示の様子



②追いコン
  先週3月3日(木)に学部,大学院卒業予定者の追い出しコンパを行いました.今までASSPを受け継いできてくださって本当にありがとうございました!苦労したこともかなりあったと思いますが (たくさんお世話になりました(^▽^;)) ,全て良い思い出だったと振り返ることができたら嬉しい限りです.これからもっと大変なことがあっても,今まで頑張って乗り越えてきたことを思い出してまた頑張ってください!そして頑張っている先輩たちの顔を見せに来てください!(笑)先輩たちのお話聞けることを楽しみにしています(*^_^*)(笑)今までたくさんご迷惑をお掛けしたり面倒を見て頂いて本当にありがとうございました!先輩たちのことはこれからも応援しています(T_T)/~~~(主に私からのコメントになってしましました(/_;))
  そして先輩方からインチ規格のレンチを頂きました!ありがとうございます!これは燃焼班が主に使用することになります. (流石先輩方は今ASSPに足りないものをよく把握してくださっているなぁと思いました( ..)φメモメモ)

1457530417342.jpg
↑インチ規格のレンチ



③燃焼実験
  今週3月7日(月)に秋田県産業技術センターにてHyperTEK社のI型ハイブリッドロケットエンジン燃焼実験を行いました.お忙しいところ実験場所・機会を提供してくださった秋田県産業技術センターの皆様に深く感謝申し上げます.どうか今後ともお力添えの程よろしくお願い申し上げます.
  燃焼実験の結果は各データを正常に得ることができ,かつ安全に実験を終えることができました.今回得たデータ・経験は今月23日(予定)の打ち上げに向けて有効活用させて頂きます.今回お力添えを頂きました秋田県産業技術センターの皆様,大学院工学資源学研究科附属ものづくり創造工学センター堤明正助教,同センター職員加藤隆一様にこの場をお借りして厚くお礼申し上げます.

IMG_20160309_215304.jpg

IMG_20160309_215254.jpg
 ↑燃焼実験の様子



④HTI-31号機,HTI-33号機の打ち上げ
  今月23日に秋田県能代市の能代宇宙広場(旧浅内第三鉱さい堆積場)にてHTI-31号機とHTI-33号機の計二機のハイブリッドロケット打ち上げ実験を実施します.打ち上げ日まであと二週間を切ったので中の人は緊張しています(;一_一)
  今回は1,2年次がメインとなって初めての打ち上げになるので今まで先輩方から教えてもらったことを忘れずに,また焦らずに着々と残りを詰めていきたいと思っております.
  進捗報告はまた後程…( ^^) _旦~~


それではここらでお暇したいと思います.
最近天候が暖かくなったり冷えたりと不規則になっているので皆様体調にはお気をつけてください.
それではまた~(*^-^*)/

別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。