秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
19号機と20号機の打ち上げが明日あるんですよ
明日,10月28日はハイブリッドロケット19号機・20号機の打上実験をおこないます.

というわけで,まいどまいどお久しぶりになってしまってます.たけうちです.
後輩が全然ブログの更新をしないのでまた僕です.実験結果とかは後輩にやってもらいたいですねー.


さて,表題のとおり,ロケット打上実験がありますよ.
実験場所は能代宇宙イベントでおなじみ,秋田県能代市は浅内の能代宇宙広場です.

本日は打ち上げのための準備としてランチャの設置などを行なってきました.

121027_1

121027_3

風がなくとてもいい天気・・・
なんという打ち上げ日和.でも本番は明日なのよね.



明日打ち上げる機体は19号機と20号機.

19号機は全長1.55mで径が152mm,重量約6kgのハイブリッドロケット.
夏の能代宇宙イベントで海打ちを行なった機体である18号機をベースに改造しています.

18号機の雄姿.
120824_1


この機体の特徴は2つ!

まず,ボディがさらに軽く頑丈になりました!
前回は手作りの厚さ1mmのCFRPチューブでしたが,今回は秋田県産業技術センター協力製作の厚さ0.5mmのCFRPチューブを使用します.
プリプレグシートからの製作でとてもきれいな仕上がりですよ.

121027_5


そして,今回はロケットモータが自作です!自作ですよ奥さん!
今までは市販品であるCesaroniのHyperTEKハイブリッドロケットモータを利用していましたが,ようやくすべて自作のコンポーネントでロケットを打ち上げられます.(とはいっても酸化剤タンクはまだ自作じゃないけど・・・)
クラスでいうとI420となっています.正式な型名はAHR-F420I(ASSPのハイブリッドロケットのフライトモータで平均推力420NでクラスはI型という意味).

121027_4
酸化剤タンクが1/4ほど無いけど気にしない.

このロケットは第3世代となり,新しいスタートとすべく機体の型名を一新します.
名付けて,ASSP19-3HRI-01です.(ASSPで通算19機目で第3世代のハイブリッドロケットのI型でこの世代では1号機目という意味.名付け親は4年生の川端洋くんです.)
僕もASSP-XR19Iという風な案を出しましたが,棄却されました.おうふ.

通称はAE31(アイサンイチと読む)で,愛称はなまはげ運輸です.
なまはげ運輸,ロゴマークとか作りましょうか.

121027_7


さて,もう1機は20号機,記念すべき20ですね.
20号機は,1年生製作のスタンダードなハイブリッドロケット.設計のベースは15号機,17号機となってます.
全長1.25mで径108mm,重量4.8kg.
機体のチューブは厚さ1mmのGFRP,ロケットモータはHyperTEKのI205です.

この機体はもともと能代宇宙イベントで,火薬のJ型モータで打ち上げる予定でしたが,機体が完成しなかったためお預け状態でした.塗装は1年生デザインでなかなか奇抜です.完成写真は明日のお楽しみ.

121027_6



残念ながら明日の天気予報は午後から雨です.今日はとても天気がよかったのに.

午前中に何とか2機とも打ち上げて,日没前には撤収完了したいです.


そうそう,地方版の毎日新聞になんと,打上実験についての記事が出てました.->秋田大学生:自作ロケット発射実験 ハイブリッドの2基−−きょうから /秋田

ではみなさん,明日の結果報告でお会いしましょう.
ではでは.

121027_2
能代は今日もいいところです.

スポンサーサイト
別窓 | 活動 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。