秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
そうだ!植松電機へ行こう!!
皆さんいかがおすごしでしょうか。
朝夕日毎に涼しくなり、虫の音に秋の近づきを感じることができるようになりした。
季節の変わりめですので、体調にはくれぐれも気を付けてください・・・

ご無沙汰していました。川端です。

さて、突然ですが、
今日は植松電機さんへのインターンシップのご報告をさせていただきます。

えーと、
13日~17日の5日間にかけて渡道(←こうゆう書き方はしないのかな汗)したのはASSPメンバー

柿崎さん@機体班(3年)、新中崎@機体班(2年)、川端@燃焼班(2年)

の3人です。ちなみに全員機械工。


今回のインターンシップでは各個人が植松電機さんでやりたいテーマを持って臨んでまいりました!
各メンバーのテーマはこちら↓

柿崎さん-オープニングショック(回収用パラシュート開傘時にロケットにかかる力)の軽減-
軽減することで保護パーツを減らせるのでその分ロケットは軽くなってよく飛ぶようになります

落下実験の様子↓
パラ落下実験
なんと無重力実験塔を使わせていただきました!

新中崎‐FRP(ロケットの機体に使用している強化プラシチック)とカプラーリング(ロケットの各セクションを繋いでいる部品)の一体成型-
一体成型することでボルトの数の削減や加工の手間が減ってロケットのさらなる軽量化!組み立ての時間も短くなります

一体成型したFRP↓
FRP一体成型

近々引っ張り試験にかけて、どれくらい耐えてくれるかによって実際に使うかどうかの判断をします。
こちらはCAMUIロケットの機体を作っている方にも「これ・・・いいねぇ~」と絶賛されました。
うちの機体班はダテじゃない!!

川端-研究中の燃料のLOX(液体酸素)を用いた燃焼実験-
おもしろそうだったから!!GOX(ガス酸素)で燃したデータとの比較、N2Oを使用したフライトモデルを製作するときのパラメータとしてとても役に立ちます

CAMUIロケットのチャンバーをお借りして作った燃焼器↓・・・中には燃料を接着してあります。
LOX用燃焼室

このように今後挑戦すべき課題にそれぞれが取り組むことができました。
取り組んだ課題を学校で試験や解析をして実用段階までもっていく予定です。

今回インターンシップに行かせてもらって一番印象に残ったのが・・・

CAMUIの開発スピードが半端ない!!

ということです。

社員さんのモチベーションももちろんですが、やはり工作機械や施設の充実も影響していると思いました。
(だって燃実なんてよいしょって外に出すだけですよ!あれすごく羨ましい・・・)

ASSPも他に比べれば施設は充実していると思うのですが・・・モチベーションかorz

結局ここに戻ってきてしましました(笑)

と、伝えたいことが全然伝えられてない感じがバリバリしますがいつものことなのできにしないでください・・・


最後に、植松電機の方々、インターンシップを受け入れてくださり、本当にありがとうございました。
この経験を無駄にせず頑張っていきますので応援、アドバイス等よろしくお願い致します。

では長くなりましたが今日はこれで。

スポンサーサイト
別窓 | 植松電機編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
GFRP引っ張り試験
こんばんは。
機体班の板垣です。

つい先ほどまでGFRP(厚さ1mm)の引っ張り試験を行なっていました。
今回はネジ穴が12個のものと8個のものの引っ張り試験を行いました。

結果から言うと、どちらも予想を大きく上回る好結果でした。
これからロケットをつくる時は厚さ1mmのGFRPになり、機体の大幅な重量軽減が可能になります。
・・・作るのは少し大変ですが

下はネジ穴12個のGFRPの試験後です。
綺麗に破断されていますね(。。;)
GFRP1


次の打ち上げは今年中の打ち上げを予定しています。
次は寒いんだろうな・・・

それでは今日はこのへんで失礼いたしますm(_ _)m






別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。