秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
能代宇宙イベントいろいろ
二井くんが里帰り中なので小林からもご報告。(といっても、秋田大の打上も、カンサットの投下も見れなかったのですが。みな、すまん。。)
秋田大のロケットは高度200mくらい飛んで、開放も成功。機体も美しいまま回収できたようです。写真はそのうち二井君がアップしてくれるでしょう。(オイ。

加速度のデータも取れたとか取れないとか。
詳しくはリンクにある“落ちこぼれ、宇宙へ行く。”をご参照のこと。

ロケットの名前は確か、華火になったのかな?
みんな更新しておくれーーーーー!!
スポンサーサイト
別窓 | 登場人物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
試射行いました
その中で色々やらかしました二井です。

今日は朝6時頃に作業室に行ったのですが既に機体班はばりばり活動していました。本日の打ち上げに使う機体の製作も大詰めです。
9時に能代へ向けて出発し10時過ぎに能代着
この段階で機体はまだ完成しておらずイベント会場の本部で作業を行っていました。
本日同じように先発で試射を行う筑波大学さんが既に来ていたため、
燃焼班の私は筑波大学エンジン班の手伝い、もとい見学をしに射点へと行きました。
本日も快晴、炎天下です。
気温がじりじり上がるにつれN2Oボンベの温度もじわじわ上がり圧がどんどん高くなっていきます。
もちろんトラブルも起こります。
延長用コードが通電しなかったり、酸素用電磁弁に不具合が生じて取り替えるなどそのトラブルを随時乗り越えます。
そして発射予定時刻もずれ込んでいきます。
場所は影の一切ない炎天下の能代
真夏の暑い陽射しは我々から容赦なく体力とN2O冷却用氷を奪っていきます。
いくら氷を足しても圧が下がってくれません。
試行錯誤を繰り返しやっと打ち上げ準備は整いました。
時刻は15:00、予定時刻を3時間ほど過ぎています。
本来ならASSPが打ち上げている頃です。
しかし、まったく問題ありません。
この頃ASSPはまだ機体が完成していませんでしたから。
機体がランチャーに取り付けられ、筑波大の打ち上げ間近です。
ロケットガールのメンバーも見学に来ていました。
部外者の私はここら辺で射点から100㍍ほどの所へ避難します。
カウントダウンが始まりエンジンに点火しました。
轟音をあげ筑波大のロケットが大空へ飛び立って行きました。
太陽がすごく眩しかったです・・・
上空でパラシュートも開き、打ち上げ・回収共に成功です。
筑波大の皆様、おめでとうございます。そしてお邪魔しました。

さて、次は私達ASSPの番です。
その前に私はお昼ご飯を食べに一度イベント会場本部に行きました。
暑さに体力が削られていたのです。
本部に戻るとそこでは!・・・機体班が作業中でした。
しかし、もうすぐ完成するそうです。
しばし休憩した後私は射点に戻りました。
今度はASSPのロケットが無事打ちあがるようGSEのセットです。
しかし時間が推しているため筑波大さんの使用したのをそのまま流用するので行うのは動作チェックのみです。
筑波大の時にあらかたトラブルを片付けたのでスムーズに進みます。
それでも途中ランチコントローラーから煙が出て、取り替えるといった事はあったのですが。
あとは機体待ちです。
18時過ぎ、遂に機体が射点にやってきました。
上空使用許可を19時までしか取っていないためあと1時間以内に打ち上げなければなりません。
急いで、でもあわてず機体をランチャーにセットしていきます。
しかーしここでまたもやトラブル発生
解放機構が作動したのか開いてしまいました。
大急ぎで直します。
機体の取り付けが終ったらランチャーのレールを起します。
これが結構重く、数人がかりで起すのです。
さて、準備は整いました。
後は打ち上げるだけです。あたりは暗くなりかけていますし、
19時まであと10分しかありません。
ここで嬉しい事態が、なんと点火を私にやらせてくれるとのことです。
1年目なのにいいのでしょうか?でも嬉しいのでやります。
点火装置はランチコントローラーといい
3つの切り替えスイッチ(Fill,Dump,Fire)と決定スイッチ(Activate)があります。
FillでN2Oの充填開始、Dumpは異常があった際のN2O排出用、Fireで点火です。
さあ、いよいよ打ち上げです。
カウントダウンを行いまずN2Oを充填し始めます。
N2O が充填し切るとロケットの横からN2Oが出てきてわかる様になっています。
N2Oの充填が完了しました。
私は「N2Oの充填完了」と言い、Fireに切り替えました。


・・・Activateスイッチが入ったまま・・・・・
点火し夕闇の空へ飛んでいきました。
まだカウントダウンしてないのに・・・・
しばし呆然としているとパラシュートが開きゆっくりと落ちてきました。
成功です。
そして燃焼班の先輩に「ありえない!」と怒られました。
ごめんなさい・・・

というわけで本日19:00にASSP試射を行った結果
打ち上げ・回収共に成功いたしました。
あとはイベント本番に向けて微調整をするのみです!







別窓 | 活動 | コメント:2 | トラックバック:0 |
燃焼試験
日焼けしました、二井です。

昨日能代イベント会場においてロケットガールの地上燃焼試験を行いました。
その際の燃焼試験装置が直前まで完成していませんでしたが。

12日の夜から燃焼試験装置を製作し始めました。
従来のものは装置の片側のみ重りがあり、またエンジン固定部分も耐久性が低かったのでそこを改良しました。
重りに関しては会場で土嚢を積むことになり
固定はその土嚢とワイヤー、ロープという形です。
エンジン固定部は前回は木板を両側から挟んで固定していましたが
今回は木板に穴を空けるのみでその穴にエンジンを差し込んで固定します。
板を割らないので耐久性が上がるだろうということです。
装置を組み立てる作業が朝5時頃に終わりました。
その後GSEを一度全て組み立て動作チェックを行いました。
その際、酸素の電磁弁が異常をきたし、弁が閉まらず酸素が漏れてしまう状態が起こり、試行錯誤するもうまく直らずしかなく圧を下げて実験しました。
この実験は今回ランチステムを自作したためその動作確認と
N2Oの電磁弁を空圧弁に変更したためその作業手順チェックのため行いました。

9時頃全てのGSEパーツをトラックに積み込み能代へ出発しました。

別窓 | 登場人物 | コメント:0 | トラックバック:1 |
能代まであとわずか!
いつのまにか8月ですね、二井です。

能代宇宙イベントまであと1週間ちょいになりました。
現在機体班が機体を制作中です。
関さんや櫻井君がかなり頑張っています。
ノーズコーンはヒートプレスで製作し、現在本体とエンジンマウントの製作に入っています。

私の所属している燃焼班はといえばGSEの精度向上のため
N2O充填の際に使う電磁弁を空圧弁に交換するため
一度すべて組み立てたいのですが、未だ空圧弁が届いていないという状況です。
今日明日中には届くはずなのですが・・・
また、燃焼試験装置の製作も行わなければなりません。
忙しくなっています。

別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| パイオニア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。