秋田大学学生宇宙プロジェクトのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
第12回能代宇宙イベントについて
お疲れ様です。副代表の畠山です。
第12回能代宇宙イベントお疲れ様でした。
秋田は夏の暑さも過ぎ去り、少しずつ秋の気配を感じるようになってきました。

今回、私たちは第12回能代宇宙イベントを無事終えることができましたので、そのご報告に参りました。
私たちASSPはHyperTEK L型エンジンでのハイブリッドロケット打ち上げ共同実験のために、第12回能代宇宙イベントに参加してきました。8月16日に能代入りをし、8月24日にASSPの打ち上げ実験を行い、8月27日に大学に戻りました。

①活動内容
各日の活動内容は以下の通りです。
8月16日:積み込み@秋田大学、積み下ろし@能代
8月17日:ASSPランチャー設営、ロケット・缶サット会場設営@浅内第三鉱さい堆積場
8月18日:陸打ち上げ実験1日目@浅内第三鉱さい堆積場
8月19日:陸打ち上げ実験2日目@浅内第三鉱さい堆積場
8月20日:陸打ち上げ実験3日目、一般公開会場設営@浅内第三鉱さい堆積場
8月21日:陸打ち上げ実験予備日、一般公開日@浅内第三鉱さい堆積場
8月22日:陸打ち会場片付け@浅内第三鉱さい堆積場
      海岸清掃、10mランチャー設営、海打ち上げリハーサル@落合浜旧海水浴場
8月23日:台風の影響により全団体打ち上げ中止。→機体調整
8月24日:海打ち上げ実験1日目(ASSP打ち上げ)@落合浜旧海水浴場
8月25日:海打ち上げ実験2日目@落合浜旧海水浴場
8月26日:海打ち上げ実験3日目@落合浜旧海水浴場
8月27日:10mランチャー解体、会場撤収、積み込み@浅内第三鉱さい堆積場&落合浜旧海水浴場、積み下ろし@秋田大学


②打ち上げについて
打ち上げ当日はAM3:00に射場に到着しました。その後、会場設営や機体の調整・組立を行い、着々と準備を進めていきました。
6:30頃に東海大学TSRPによる打ち上げを見送った後、機体をランチャーに挿入・調整しました。打ち上げ準備が完了し、総員退避完了後、9:00過ぎに快晴の下で点火、打ち上げを行いました。
点火後、機体はランチャーを離脱し、高度約1.6kmまで上昇していきました。
着水を確認後、漁師さんにご協力を頂きながら、漁船を用いて機体回収を行いました。機体回収はエンジン部(酸化剤タンク、グレイン等)のみ達成し、分離部・電装部・ノーズコーンの回収には至りませんでした。

2016_08_28_19.jpg
(打ち上げ会場の様子)

DSC_3086.jpg
(ランチャーに挿入されたASSP HTL-34号機)

スクリーンショット (237)
(ランチャー離脱後の様子)

スクリーンショット (238)
(飛行中の様子)

③解析について
打ち上げの解析については、現在各々が解析を進めており、9月30日に解析会議を行う予定です。
解析結果が出次第、お知らせしたいと思っております。


最後になりましたが、今年も皆様に支えられ、能代宇宙イベントを無事に終えることができました。
特に秋田大学ものづくりセンターの先生方には、機体製作や燃焼実験、イベント準備など日頃からご協力を頂き、深く深く感謝申し上げます。また能代市には、ハイブリッドロケット実験の実施に関してご理解、ご協力を頂き、厚くお礼申し上げます。漁師さんには、早朝から機体の回収のために漁船を動かして頂き、心より感謝申し上げます。お陰様で、大切な機体を回収することができました。他にも様々な場面で、たくさんの方々にご支援ご協力を頂き、ASSP一同本当に感謝しております。


解析結果はもう少し時間がかかりますが、以上取り急ぎご報告いたしました。
季節の変わり目で朝晩の気温差が激しいので、皆様どうかお身体にはお気をつけください。
それではそろそろ失礼いたします。
スポンサーサイト
別窓 | 能代宇宙イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |
近状報告
お疲れ様です.
機体班3年の畠山です.

あと少しで4月も終わり,5月になりますね(*´v`)時が経つのは早いものですね…(笑)
ASSPは例年通りプロジェクトをものづくりセンターに申請し,受理して頂きました.今年度も採択されることを願っています.
そして,今年度のASSP代表は引き続き機体班3年の上田くんになります.副代表は前年度と変わり,同じく3年の機体・広報班の畠山(里奈)になりました.皆様どうぞよろしくお願い致します.


さて一年生は最近,A8-3モデルロケットエンジンを使用したモデルロケット打ち上げに向けて製作を行っています.機体は完成し,今は塗装の段階に入っています.一年生は思い思いのデザインで色を付けていっています.完成が楽しみですね(´∀`*)🚀

また今年の能代宇宙イベント(8月)での打ち上げに向けてキックオフミーティングと概念設計を行いました.今回はL型エンジンで二段分離のハイブリットロケット(HTL-34号機)の海打ち実験を計画をしております.搭載予定の分離機構「如月」「神無月」は,今年の3月に能代市での打ち上げ実験で信頼度が向上できた機構なので,海打ち本番でも実験が成功するように過去の反省や設計の見直しを行っていこうと思っております.また34号機の設計製作運用を通して,一年生にも知識・技術等の引継ぎ・教育を行っていきます.

最近の活動報告は以上になります.
皆様体調にはお気をつけて,それではまたまた~(*´v`)/
別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
新入生ガイダンス
皆様おつかれさまです。
機体班の畠山です。

秋田では今月10日に雪が降りました(汗)4月なのに!(ノ_<)
…ですが!ここ最近の暖かい気候により秋田大学構内でも徐々に桜の蕾がふくらんできましたo(^▽^)o
ぜひこの調子できれいに咲いてほしいですね!



そして今回のメインの話題は新入生ガイダンスについてです。
ASSPでは昨日から新入生ガイダンスを行っております。本日は新入生3名がガイダンスに参加してくれました。ASSPに興味を持ってくださりありがとうございます!今日ガイダンスに参加して頂いた新入生の方々にはぜひASSPで活動して、ロケットの設計・製作・打ち上げの面白さをぜひぜひ体感してほしいです!ASSPに興味をもってくれている新入生のやる気を伸ばせるように、私たちはしっかりと教育・技術の伝承をしながら、ロケットの楽しさも伝えていきたいと思います。特に本日来ていただいた新入生は三名とも熱心だったので、この新入生たちと活動をしていけたらいいなと感じました(^o^)


ここからは新入生の今後の活動予定です。
・ASSPガイダンスは明日も行います。(ガイダンスの内容は全日同じなので一度参加して頂いた方は参加する必要はございませ
 ん) 15日は17:00頃~行います。
・ASSPのガイダンスを受けたら次はモデルロケット(燃料が火薬のロケット)を1人一機製作してもらいます。初めにモデルロケット製作を行うことでものづくりの楽しさを体感してもらいたいと思っております。実施日時は来週4月18日(月)放課後を予定しております。モデルロケット製作は完成するまで何日かに渡って行います。

ご不明な点がありましたらASSP公式Twitterやこのブログ等にご連絡くださいm(_ _)m


それでは今回はここで失礼したいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました(^^)
別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
新年度初投稿!
皆様お疲れ様です。
無事三年次になれましたまたまた機体班の畠山でございます(^_^;) (またか…なんて思わないでくださいね(つω-`。))
たまには機体班以外の燃焼班や電装班にも書いてもらったら今までとは違った視点の記事になるかもしれないですね!(今思いつきました(笑))

さてさて今回はタイトルの通り「新年度初投稿!」でございます!(祝)
昨年度は皆様のご理解・お力添えを頂いたお陰で能代宇宙イベントや打ち上げ実験、燃焼実験を無事に行うことができてASSP一同深謝しております。本当にありがとうございました。今年度もプロジェクトの目標に向けて積極的に活動・広報して参りますのでご指導ご鞭撻の程どうかよろしくお願い申し上げます。



新年度最初の話題は入学式後に勧誘活動として新入生勧誘チラシを配布したことです。4月6日に秋田県民会館で入学式が挙行されました。秋田大学にご入学された皆様おめでとうございます!
ASSPのチラシをご覧になって頂けたでしょうか?チラシを見て少しでも興味を持ったり、話を聞いてみたいと感じた方は4月13日から紹介・ガイダンスを行う予定なのでぜひ参加してみてくださいo(^▽^)o
詳細は4月13日の16:00過ぎに学生会館前でロケットを持ったメンバーが待機しているのでその人たちに声を掛けてください。創造組立作業室にご案内してASSPについての紹介を行います。ASSPに入りたいという方もその際に軽く手続き(氏名・連絡先等をお伺いします)していただくことになります。
質問等はASSP公式Twitterやチラシに記載されている連絡先にお気軽にどうぞ(^-^)/お待ちしております!

無題bbb
↑入学式で配布した新入生勧誘チラシ


それではここら辺で失礼いたします。
季節の変わり目なので体調にはまだまだ十分お気をつけてくださいね。それではまた~(^-^)/


別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ハイブリッドロケット打ち上げ実験の報告
皆様お疲れ様です。今年度最後の更新になります。
機体班二年次(無事三年生になれそうで一安心しております)の畠山です。
今回の打ち上げ実験でエンジン切り離し機構「神無月」の設計製作を担当しており、本番で正常に動作してくれたので今までの苦労が報われた気がして一息ついております( ̄o ̄;)これからはエンジンが大きくなっても対応できるような機構に改良していく予定です。

さて今回のASSPブログ「パイオニア」はタイトルの通り、ハイブリッドロケット打ち上げ実験を行いましたのでそのご報告に参りました。


2016年3月24日にハイブリッドロケット二機(ハイブリッドロケット31号機(HTI-31ver.2)、ハイブリッドロケット33号機(HTI-33))の打ち上げを能代宇宙広場(旧浅内第三鉱さい堆積場)で行いました。様々な方のご理解やご協力を頂いたお陰で打ち上げ実験を無事に行うことができ、ASSP一同深く感謝しております。
実験は本来であれば23日に打ち上げを行う予定でしたが天候・風速による制限や航空調整、燃焼関係のトラブルにより予備日としていた24日に行いました。



打ち上げ目的と実験結果は以下の通りです。

・ハイブリッドロケット31号機(HTI-31ver.2)
  目的:エンジン切り離し機構の実証
      飛翔時の各種データ回収
  実験結果:打ち上げ…成功
         機体回収…成功
         エンジン切り離し機構の実証…成功
         各種データ回収…確認中
・ハイブリッドロケット33号機(HTI-33)
  目的:一年生教育
  実験結果:打ち上げ…成功
         機体回収…成功

データや打ち上げ、回収した機体の解析についてはこれから解析会議を開いて進めていきます。



それでは今回打ち上げ実験を行った二機の機体を簡単に紹介したいと思います。

~ハイブリッドロケット31号機~
     (HTI-31ver.2)
ブログ用
ブログDSC_1455
(写真は31号機を違う角度から撮影したものです)

31号機の特徴は3つあります。
 1つ目…新規機構であるエンジン切り離し機構「神無月」を一段目に搭載。
 2つ目…過去の実験により信頼性・実績のある分離機構「如月」を二段目に搭載。
 3つ目…フィンが一段目と二段目の二か所(計8枚)に設けられている。

今回31号機にエンジン切り離し機構を搭載した目的は、今後エンジンを二段階に搭載して高高度を目指す際に必要となる技術の実証のためです。


~ハイブリッドロケット33号機~
       (HTI-33)
DSC_1690.jpg

33号機には分離機構「弥生」が搭載されています。分離機構「弥生」は昨年3月に伊豆大島で打ち上げ実験を行った30号機に初めて搭載されたもので、今回の一年生教育ロケットに搭載する分離機構に採用されました。今回の打ち上げでは目視で分離動作、パラシュートの放出・開傘を確認することができました。


以上、機体の紹介でした(^▽^)



3月の打ち上げが終わったのでこれからのASSPの活動としては、31、33号機の解析も進めながら新入生の勧誘にも力を入れていきたいところであります。新入生でASSPに興味をもってくださっている方は、入学式でASSPの勧誘チラシを配布する予定なのでぜひ受け取ってご覧になってくださいm(_ _)mまたASSP公式Twitterやこのブログでも情報を発信・更新していこうと思っておりますので気になる方はぜひぜひチェックしてみてくださいo(≧ω≦)o

それでは今回はここらへんで失礼いたします。
最後までご覧くださりどうもありがとうございました。
新年度もASSPをどうぞよろしくお願い申し上げます。

別窓 | 活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| パイオニア | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。